ループ ザ ループ。

V6デビュー20周年という節目に戻ってきたアラサーがいろいろと本気出して考えてみるブログ。基本V6の話、でも書きたいことを気ままに。

「アルバムリリース発表が先か?コンサートツアー決定が先か?」問題

「シングル曲がたまってきたし、そろそろアルバム出るんじゃない?」 私は近頃、もっぱらこの件についてそわそわしている。 「アルバムが出ること」は、「コンサート・ライブを開催する」にほぼ直結する。 これは多くのアーティストにおいて基本的な流れで、…

初めてのVR体験記〜V6のVRが最高すぎた話〜

2017年春、V6のニューシングルの特典に「VR映像」が初導入されたのだがこれがとんでもない代物だった。 思わず誰かにこの感動を伝えたくなるほど鮮烈な体験だったので、初めての「スマホで楽しむVR映像」が一体どのようなものだったのか拙いなりにレポートし…

V6のニューシングルにVR映像が特典で付くというのでVRについて調べてみた

ようやくV6の新曲発売情報が出た。実に昨年6月以来9ヶ月ぶり。 初回・通常など合わせて4形態でのリリースとなるのだが、中でもやはり気になるのはセブンネット限定版。なんとVR映像が特典でつくというのである。 オムニ7 - セブンネットショッピング|V6/Ca…

もしもその界隈に神ブロガーが30人くらいいたらネットの世界ってわりと変えられるんじゃないか

もう何度目のことだろうか、年明け早々東スポさんがV6解散説をぶっ込んでこられた。2017年が始まって10日ほど経った頃のことだ。 だからといって個人的にはそこまで動揺するでもなく、またか…と思った程度だった。 解散説が出て、そこから何らかの動きがあっ…

長野博さんの結婚発表で思ったこと

2016年11月29日、長野博さんが白石美帆さんとの結婚を発表した。 それは突然の出来事で、「まさに青天の霹靂だ!」なんて日常で使い慣れていない分不相応な言葉もうっかり使ってみたくなってしまう程度には衝撃的なニュースだった。 アイドルの結婚は年齢や…

「君の名は。」の関連書籍がオススメすぎるので紹介したい【小説・外伝小説・公式ビジュアルガイド・パンフ】

大ヒット公開中の「君の名は。」にハマっている。すでに劇場で2回観たのだが、さらにおかわりしようと考えているほどである。 映画を見たあと、小説・外伝小説・パンフレット・公式ビジュアルガイド…と、ひととおりチェックした。 読み進めていった中で見え…

'02年前後のカミセンコンサートとベストアルバムと「手紙〜未来」の話

唐突に2002年前後のカミセンのことを振り返ってみたくなった。 きっかけはというと、彼らが2002年のコンサートでカバーした楽曲を聴き返していて「やっぱり今聴いても最高だな」と思ったからである。簡潔にいえば「ケツメイシの『手紙~未来』最高すぎない?…

「せいせいするほど、愛してる」で笑ってしまうタイプな私の感想文

何かと暗いニュースも多く沈みがちな今日この頃、ここらで少しおふざけ交じりにドラマ感想でも書いて1人盛り上がってみたいと思う。ふざけ交じりといっても決してけなしているわけではない。ツッコミながら大いに楽しんでいる、そんな姿勢をつらつらと綴っ…

「SMAPの解散」と「ジャニーズアイドルを好きでいること」を考える

そのニュースは確かに夢現つの中にいたはずの私の耳にはっきりと聞こえてきた。 SMAPが2016年12月31日をもって、解散する。 私はそれを深夜1時台の、おそらくオリンピック中継の合間に挟まれたようなニュースで知った。 私は確かオリンピックを見ていたはず…

コンサートスタッフさんに気になるアレコレを質問してみた

先日コンサートスタッフさんのお仕事についての記事を書いた。 その後ブログ内で言及させていただいた記事を書かれたぴぴボーダーさん(id:rrpp)からご連絡をいただき、今回ありがたくもお仕事について質問する機会をいただいた。 記事について、またぴぴボ…

坂本昌行というV6のリーダーについて

V6のリーダーと言えば、坂本昌行さんである。 グループ内の年齢差は最年長・坂本さんから最年少・岡田さんまで9歳。 最年長ということもありV6のリーダーは坂本さんがつとめることになった。 この「V6のリーダー」というポジションでの役割について、坂本さ…

コンサートスタッフさんに関するよもやま話

今年も半年が過ぎた。 おかげさまでちょこちょこと現場に足を運ばせていただき、ライブからコンサートから舞台から劇場公演までおおいに楽しませていただいた。 そんな中昔から相変わらずどんな場所でも毎回気になっていることがある。 各会場で出くわす、そ…

アイドルの熱愛・結婚に何を思うのか〜井ノ原さんが結婚した時の話〜

私が「アイドルの結婚」として一番いろんなことを考えたのは井ノ原さんが結婚した時だった。 独身の井ノ原快彦で無くなってからかれこれもう9年近くになる。 もはや既婚者であること、お子さんがいらっしゃることが当たり前に感じられてしまうくらいには時間…

三宅健というアイドルについて

「私が今一番気になる人物は三宅健である。」 という文章から始まる記事を、書き始めてすぐに放置していた。今年に入ってすぐのことだ。 書き始めてすぐ放置することになったのはなぜかと言えば、はじめましての方以外には多少お分かりいただけるかと思うの…

Perfumeに限界は訪れるのか 〜年齢と「女性アイドル」の期限〜

4月にPerfumeのニューアルバム「COSMIC EXPLORER」が発売されてもうすぐ3ヶ月が経つ。 COSMIC EXPLORER アーティスト: Perfume 出版社/メーカー: Universal Music =music= 発売日: 2016/04/06 メディア: CD この商品を含むブログ (12件) を見る アルバムの…

「アイドルが踊る姿を見て私が抱くイメージ」を分類してみた

アイドルグループが踊る姿を見ているといろいろなポイントにグッとくる。 単純に技術力の高さに魅かれることもあるし、時にはあまり上手くはないんだろうなーと思うのになぜか目が離せなくなるような場合もある。 自分自身が一体なにを基準にして、なににど…

昔のラジオ音源をカセットテープからパソコンに移す日々

最近ひたすら昔のラジオ音源をカセットテープからパソコンに移している。 カセットテープ自体が場所も取るしなによりテープの劣化が心配で、以前から「いつかはやらないと…」と思っていたのだが、このほどようやく取り掛かることにした。 目次 目次 MP3変換…

ヒメアノ〜ル感想 ー強者と弱者は誰なのか?ー

【!ネタバレ描写を含みますのでご注意ください!】 先週「ヒメアノ〜ル」を観に行ってきた。 この1週間ほどは自分の中での感想がまとまらず「一体私は何をどう感じたのだろうか?」をぐるぐると探す日々だった。 そもそも怖がりで怖がりで本当に怖がりな私…

「滝沢歌舞伎2016」が終わって思うこと

長々と滝沢歌舞伎に関する記事を書いてきたのだが、ようやくこの記事で最後になる。 最後は、三宅さん・佐久間くんの関係の後日談と、この1ヶ月ほどで知った滝沢座長とSnow Manの絆のこと、トニセンがラジオで語った滝沢歌舞伎2016感想の文字起こしをしてみ…

三宅健と佐久間大介の関係性がおもしろい件【3】〜滝沢歌舞伎・後編〜

前回から引き続き、滝沢歌舞伎公演での三宅さんと佐久間くんの絡みをまとめてつっこませていただく。 ◆「三宅健のラヂオ」にSnow Manがやってきた 編 ◆ 滝沢歌舞伎・前編 滝沢歌舞伎2016・公演別もくじ後編 滝沢歌舞伎2016・公演別もくじ後編 4/30(土)昼 …

三宅健と佐久間大介の関係性がおもしろい件【2】〜滝沢歌舞伎・前編〜

ようやく滝沢歌舞伎公演中の話に入るのだが、先に度々話題に上がっている「稽古終わりで佐久間くんが三宅さんを待ち伏せし、なんとかごはんに連れて行ってもらった」というエピソードについて考えてみたい。 三宅「この人さ、だってさ。稽古場で稽古終わりに…

三宅健と佐久間大介の関係性がおもしろい件【1】 〜「三宅健のラヂオ」にSnow Manがやってきた 編〜

滝技歌舞伎2016が無事閉幕した。 49公演という長丁場。 開幕3公演目で三宅さんがケガをし「残りの46公演を骨折したまま乗り越えなければならない」という事実が突きつけられた時には愕然としてしまったが、走り出してしまえばなんのそのであっという間の約1…

井ノ原さんの誕生日の思い出

井ノ原さん、40歳のお誕生日おめでとうございます。 誕生日になるとついつい何か綴りたくなるのがファンの心境。私も今日は井ノ原さんについて書いておきたい。 「井ノ原さんの誕生日」というお題で何かを書くとするなら、私は2003年5月17日の出来事を選ぶ。…

名探偵コナンコンサート2016レポ

今年「名探偵コナン」のアニメ&劇場版が20周年を迎えた。 それを記念したオーケストラコンサートが開催されることになり、先日行ってきたのでレポ及び感想をまとめておく。 このブログでリアルタイムでレポートを書くのははじめてになるのだがまさか最初が…

中高生ジャニオタのコンサート事情とはてなブログの怖さ

初めて「はてなブログ」において他のブログへの言及をしてみようと思う。 先日話題になっていたこの記事。 学校を早退しコンサートに行ったら、翌日には知れ渡っていて生徒指導になり教師陣に盛大にヲタバレした話【前編】 - こじらせまくり 後編について - …

「滝沢歌舞伎2016」に今感じていること

滝沢歌舞伎2016、初日。 無事に閉幕した直後、観劇された方々のレポートから伝わってきたのは熱気と興奮と、「凄いステージになっている」という様子だった。 まだまだこれは初日の話で、きっとこれからたくさんの人が会場でその光景の目撃者になる。 私は残…

藤原さくらをとにかくオススメしたいので面白いところをまとめてみた

「藤原さくらが月9のヒロインをやるらしい」 「それも相手役は福山雅治らしい」 この一報を受けすでに彼女のことを知っていた方は、ほぼほぼ全員が驚愕したに違いない。 私ももちろんその1人で、このニュースをYahooのトップニュースとして見た時は叫びそ…

個人サイトとかいう懐かしい文化のハナシ

先日、長きに渡って無料ホームページサービスを提供していた「フリーティケットシアター」さんがついにその運営に終止符を打った。 長年の運営、本当にお疲れ様でした。 私は2004年からこのサービスを利用して、いわゆる「個人サイト」を作っていた。 どんな…

KAT-TUNが4人で出演する最後のMステを見た

泣かないわけがなかった。 ただでさえ涙もろい私があんなものを見せられて泣かずにいられるわけがない。 田口さんが脱退を発表してから、それについて深くはブログに書くまいとしてきた。 それをやるのは本当にKAT-TUNを応援してきた人達であって、浅い知識…

「エヴェレスト 神々の山嶺」感想/原作と実写化の関係を考える

「俺は守ろうと思ったもの。 この映画を観た時に、誰か『原作と違う』とかいろんなことを言う人がいたら、その人の所へ行って『そうじゃないよ、君』って言うのは。 それを俺は言う役目をやらなきゃいけないなって思ったので。」 これはこのほど公開された「…

「ミヤケッチは許さないよ!そんな、無断で撮るような人」ー三宅健のラヂオ2016.03.07

先日の「三宅健のラヂオ」にて。 またもや「なになに、何よこの番組?!」と思った件があったので記事として残しておきたい。 今回の放送を聞いていた私は、心の中で盛大に「この番組、なにぃ!?」とつっこませていただいた。ぜひ千鳥・ノブ氏の言い方で再…

3.11 東日本大震災の時インターネットで出来たこと、知っておいてほしいこと

2011年3月11日。 東日本大震災が発生したあの日からもう5年になる。もう5年というべきか、まだ5年、というべきか。 はてなブログで記事を書き始めてから初めて迎える3.11に、改めてあの時感じたことを残しておくことにする。 あの時、被害が大きかった東日本…

39 Symphonyに込められた意味とストーリー性を考察してみた

「39 Symphony」とは何か。 V6の20周年コンサート「V6 LIVE TOUR 2015 -SINCE 1995〜FOREVER-」、その後半約40分ほどを占める怒涛のメドレーのことだ。 20年間で彼らがリリースしたシングルは45枚ある。 そのうち39曲を、これでもか!と詰め込んでミックスさ…

5ヶ月で30万PV突破、アクセス数と検索順位について考える

おかげさまで先日、ブログへのアクセスが累計30万ページビュー(記事が表示された回数、以下PV)を超えた。 読者さんの数も気付けばこの2ヶ月でまた100人ほど増え、現時点で240人を超えている。 本当にありがとうございます。 特にこれといって何のおかまい…

「HELLO」にはアイドルの切なさがつまっている

私にとって、「アイドル」の「原体験」はV6だった。 初めて会いに行ったアイドルは彼らで、初めてCDを予約してまで購入したアイドルも彼らで、とにかく「初めて」を並べればきりがない。 「ファンをすること」の基礎はすべて彼らから学んだといっても過言で…

ヤンキーは苦手だ。でも森田剛は好きだ。

私はヤンキーが苦手だ。 正確に言うと見た目が派手なヤンキーっぽい人は苦手だ。 それは男女問わずで、気付いた時にはそうだった。 いまだに惹かれるタイプの顔はあまり派手でないというか、簡単に言えばヤンキー系以外、だ。 長髪が苦手だ。金髪が苦手だ。…

遠征しがちな民にこそ薦めたい、難しくない「御朱印帳」の話

前回のブログを書くに当たり「三宅健のラヂオ」について考えていて、少し脱線するのだがとても言及したい話題があった。 興味がない方も多いかと思うのだが、偶然にも私にとっては非常にタイムリー。 以下は2015年7月13日放送の「三宅健のラヂオ」内での発言…

「三宅健のラヂオ」のススメ

私がこの番組をしっかり聞き始め、最初に思った感想は「正直とっつきにくいかも…」だった。 しかしこの番組の恐ろしいところは、聞き続けるにつれてその中毒性にはまっていくというところだ。 おそろしく「三宅健」で、おそろしく「ラヂオ」である。 ラジオ…

「メディアリテラシーとネットリテラシー」と「Twitterとブログ」と「ファン」

今日で1月も終わり。 様々な芸能ニュースが駆け巡り、なんとも長い1ヶ月だった気がする。 こんな1ヶ月になるなんて誰が予想しただろうか。 そんな中で接することの増えた「リテラシー」という言葉。 私は主に「メディアリテラシー」「ネットリテラシー」…

ラブセンをほぼ無課金でプレイしつつツッコミを入れてみる(1)

みなさん女子力高めてますか。 モテ度上げていますか。 もとい、ラブセンやっていますか。 20周年アニバーサリーコンサートがラブセンpresentsであったのならば、 「女子力上げてるかー!?」 「イエー!!!」 「モテ度上げてるかーい!?」 「キャー!!!…

視聴者がSMAPから一番欲しかったものは何だったのか

2016年1月18日、SMAP✕SMAPを見た。 日本中が心待ちにしていた、本人たちからの直接的なコメント。 これは長期化しそうだ…と思い始めた矢先、あっさりとその機会が訪れたことに驚いた。 番組内で流れたのは、とてもではないが視聴者が求めていたものではなか…

「SMAPがいることが当たり前」の世界で考えたこと

SMAPの解散報道が世間を賑わせている。 まだ正式に「解散します」という発表が出たわけではない。 だが各メディアで大きく報道され、ジャニーズ事務所も協議・交渉が行われている事実を認めた。もはや「単なる噂話」の域では無くなってきている。 その協議・…

続・ジャニーズのFC入会、好きな個人名を選ぶのが難しい問題について

前回記事で、ファンクラブに再入会した話を書いた。 since0629.hatenablog.com 2001年に入会した際には「好きな個人名を1人選ばなければならない」ということに苦悩した。 その経験をふまえ「誰を選ぼうが申し込みできる内容に変わりはないのだからとりあえ…

V6のファンクラブに再入会して驚いたこと【2001年・2015年比較】

昨年の11月6日。郵便局に駆け込んで入会手続きを済ませた私は、晴れて再びV6ファンクラブ会員になった。 20周年イヤーが終わり、なんだか無性に「今すぐファンクラブに入らなければならない」と思った。 そこには漠然とした「何かが起こりそうな予感がする……

20周年を迎えてからのV6の2ヶ月間、まとめ。

本当に上手く出来すぎている。 そう思ってしまうほどにいろんな出来事に恵まれた20周年のアニバーサリーイヤー。 それは11月1日で一応は区切りがつく、はずだった。 ところが「学校へ行こう!」の復活、ラジオ・チャリティー・ミュージックソンのメインパー…

ブログ開設3ヶ月、15万PVを超えたので色々書いてみる

V6のファンとしてブログを始め3ヶ月が経った。 今月、実はひっそりと累計10万ページビュー(記事が表示された回数、以下PV)を超えた。 いろいろなブログを読んでいると一つの区切りとしてこの「10万PV」で記事を書いている人が多い。 しかし実は「ファンブ…

岡村隆史と岡田准一のオールナイトニッポンは正解だったのか?レポートと感想

「岡村隆史のオールナイトニッポンに岡田准一が出演する」 その一報から1週間が経ちいよいよ放送当日となった。 ヘビーリスナーでありV6ファンでもある私にとって夢のコラボレーションとも言える、今回の放送。 前回記事でも書いたがこの1週間私の中では不…

29歳女から見た「岡村隆史のオールナイトニッポン」の魅力

なんてくだらない番組なのだろう。 関西弁で言われてもらうなら「しょうもなっ!!」。 一見誹謗中傷のようだが、これは最大の褒め言葉である。 私はこの「岡村隆史のオールナイトニッポン」のヘビーリスナーで、岡村隆史さん及びナインティナインが大好きだ…

「岡田准一の反抗期」について

今朝V6が出演した朝日放送「おはようコール」内で、岡田さんの反抗期が話題に上がった。 井ノ原「でも岡田なんかも、成長する段階で…あの、ご自身でもよく言ってますけどもあの時俺反抗期だったからとか言って。そういう時期もあったんでしょ?」 岡田「そう…

「音漏れ参戦」を受けて考えたこと

V6の20周年イヤーを締めくくるアニバーサリーツアー最終日公演の様子がWOWOWにて放送された。 とても感動的な最終日だったのだが、この時物議を醸したのが「音漏れ参戦」について。 www.j-cast.com 会場の外に集まった約1万人のファン。 コンサートが始まり…