読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ループ ザ ループ。

V6デビュー20周年という節目に戻ってきたアラサーがいろいろと本気出して考えてみるブログ。基本V6の話、でも書きたいことを気ままに。

V6-楽曲について

39 Symphonyに込められた意味とストーリー性を考察してみた

「39 Symphony」とは何か。 V6の20周年コンサート「V6 LIVE TOUR 2015 -SINCE 1995〜FOREVER-」、その後半約40分ほどを占める怒涛のメドレーのことだ。 20年間で彼らがリリースしたシングルは45枚ある。 そのうち39曲を、これでもか!と詰め込んでミックスさ…

「HELLO」にはアイドルの切なさがつまっている

私にとって、「アイドル」の「原体験」はV6だった。 初めて会いに行ったアイドルは彼らで、初めてCDを予約してまで購入したアイドルも彼らで、とにかく「初めて」を並べればきりがない。 「ファンをすること」の基礎はすべて彼らから学んだといっても過言で…

「Can do! Can go!」が愛される理由

私がこの曲を知ったのは、「8時だJ」という番組だった。 当時の私はまだそれほどジャニーズに興味はなかったのだが、周りの女子はみんな見ているほどの人気番組だったので私も毎週欠かさず見ていた。 黄金期とも言える当時のジャニーズJr.が「Can do! Can g…

20周年を迎える今、V6が歌う「明日」。

前回の記事で書ききれなかったことがあります。 この際その部分もデビュー日を迎える前に書いておきたいな、と。 続編みたいなものなので一つ前の記事を読んでもらってからのほうがニュアンスが伝わるかもしれません。 since0629.hatenablog.com // // 今年…

アルバムを語ろう ~volume 6編~

このタイミングでアルバムについてもまとめてみる。 とりあえずシングル曲は省きます。Volume 6アーティスト: V6,Coming Century,GENEPOOL,オオヤギヒロオ,宮崎歩,Lucy E,黒須チヒロ,渡辺未来,浦塚勝人,森浩美,六ツ見純代出版社/メーカー: エイベックス・ト…