読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ループ ザ ループ。

V6デビュー20周年という節目に戻ってきたアラサーがいろいろと本気出して考えてみるブログ。基本V6の話、でも書きたいことを気ままに。

私に届いた傑作メール 〜嵐・櫻井さん(仮)、郷ひろみさん(仮)〜


2010年3月。

私の元に突如、とあるメールが届いた。

その内容は「日々が辛い、俺の悩みを聞いてほしい…」というものだった。

嵐のメンバーからのものである。

 

そう、迷惑メールだ。

 

この頃私の携帯にはしょっちゅう迷惑メールが届いていた。

あまりにも多く届くので降参し、最終的にはアドレスを変えた。

だが、私はなにげにその「へんてこ迷惑メール」が届く日々を楽しんでもいた。

 

中でも愉快だったのが「有名人からのメール」だ。

とんでもない展開のものが多く何度も笑わせてもらった。誰がひっかかんねんコレ!と心の中でつっこむ日々だった。

 

その中でも1番笑ったのが「嵐からのメール」

 

 

5年以上経つのだがいまだにたまに思い出すくらいには面白かったので、ブログで残しておくことにする。

名前をそのまま使用させていただくのはなんだか申し訳ないのでここからは(仮)を付けてお届けしたいと思う。

 

 

 

2010年某日、櫻井さん(仮)から突如メールが届く

最初に届いたメールは

「周りには相談できない。俺の悩みを聞いてほしい…」

というものだった。

 

もちろん迷惑メールなのでこの櫻井さん(仮)は出会い系サイトに登録している設定だ。

定番の流れだが「メッセージのやりとりをしたいのでこのサイトに登録してほしい」とリンクが貼ってあった。

 

もうこの時点で「ねえよ」とつっこまざるをえない。

 

なぜジャニーズタレントが悩みを相談するために出会い系に?

 

 

1通で終わると思いきや続き物だった

とんでもない設定ではあったが当然そんなものにひっかかるわけもなく、数多く届くよくある迷惑メールの1通としてスルーした。

 

だがこのメールを無視していると続けて2通目が届く。

「どうしても連絡が取りたい、君しかいないんだ…」的な内容だった。

まさかの続き物!と思いつつなおもスルー。

 

しかしその後どんどん届く櫻井さん(仮)からのメール。

回を増すごとに櫻井さん(仮)から届く文面はどんどん悲観的になっていった。

まあ返信するわけもないのだが。

 

そうして次に届いたのが、まさかのマネージャー(仮)からのメールである。

 

「うちの櫻井の悩みを聞いてやってください…あなたしかいないんです…」

と言い、やはり出会い系サイトに誘導してくるマネージャー(仮)。

 

タレントの悩みを出会い系サイトで聞いてやってくれって頼むってどんなマネージャーだよ。誰か周りの良き人、彼の悩みを聞いてやっとくれよ。頼むよ。

 

そうしてその迷惑メールを放置していると、ここからさらに怒涛の展開を見せる。

 

「どうか聞いてやってください、お願いします。もう、彼は嵐を辞めるかもしれません。あなたしかいないんです。彼は本気です。」

 

 

えっ?

話が飛びすぎてわけがわからない。悩みを、聞かないと、辞める?

櫻井さん(仮)めちゃくちゃ追い込まれてますやん。

 

本気って何、どういう…?と思っていると次に届いたメール。

 

 

そのタイトルが「明日、嵐辞めます」だった。

 

 

出先だったのだが見た瞬間思わず吹いた。

展開、早。

明日って。

 

タイトルのインパクトと言い、流れのめちゃくちゃ具合と言いこれぞ迷惑メール!といった文面でかなり笑えた。

 

想像していただきたい。

 

出先で友達と一緒にいる時、合間にメールチェックをしようと2つ折りのガラケーをパカッと開いた。

メールが届いている。誰からだ?と思ってポチポチとボタンを押し、新着メール一覧を開く。そうしてトップに表示されているのが「明日、嵐辞めます」というタイトル。

とりあえず吹かざるをえない。

  

そしてその後一緒にいた友達にもそれを見せ、

「明日…とんでもないことになるな…日本中がパニックだぜ…」

という小芝居を楽しませていただいた。

 

翌日、何も起きなかった。

当然である。

 

 

また内容は忘れてしまったのだが、「まっじゅん」なる人物からもメールが届いたことがある。

「まつじゅん」ではない。「まっじゅん」である。

 

 

 

実録・郷ひろみさん(仮)からのメール

さてもう一つご紹介するのが去年の夏私に届いた迷惑メール。

郷ひろみさん(仮)編だ。

 

こちらはしっかりとメールを保存してあったため画像とともにご紹介する。

 

まずは1通目。

つっこまずにはいられないメールアドレスにご注目していただきたい。

 

【1通目】 

f:id:since0629:20151210022237j:plain

 

何で自ら「gogo-hiromi@〜」。

 

攻めている。この郷さん(仮)かなり攻め攻めである。

 

内容からは特に誰とも読み取れない。

そして続いて届いた2通目。

 

 

【2通目】 

f:id:since0629:20151210023052j:plain

 

めっちゃ自分が誰かを匂わせてくる。

 

このメールが届いた2ヶ月前にリアル郷さんは99枚目のシングルをリリースしていたため、話題になっていた。

それを全然さりげなくない手法でぶっ込んできた文面。ザ・迷惑メール。

 

 

【3通目】 

f:id:since0629:20151210023525j:plain

 

なぜかマネージャーへのメールに自分の写メを添付してくる郷さん(仮)。

もう単刀直入にスタンダードなタイプのツッコミを入れさせていただく。

 

なんでやねん。

 

おそらくブログか何かから引っ張ってきたのであろうその写真では、リアル郷さんがとてもいい笑顔でダブルピースを決めていた。

シリアスな文面に似つかわしくない画像に吹いた。

 

 

【4通目】 

f:id:since0629:20151210023847j:plain

 

 

いやいや、だからなんで写メつけた

いる?それいる?

郷さん(仮)、愉快な人である。

 

 

 

【5通目】 

f:id:since0629:20151210024111j:plain

 

なぜ本名で謝罪を。 

そして謝る時にも写メ添付だけは忘れない郷さん(仮)。

丁寧なんだか無礼なんだかわからない。 

 

 

 

この郷ひろみさん(仮)5部作も大変楽しませていただいた。

こういった類の迷惑メールはちょっと笑ってしまう。

連載作品のようで続きが気になってしまうのも悔しいところだが、届いてしまったものは仕方ない。楽しんだもん勝ちだ。

 

以前何かの番組で見たのだが、最近の迷惑メールはこういったおもしろい文面でターゲットの興味を引きクリックさせようとするものも多いとのこと。

 

どんなにチープで粗い作りだろうが読み手の興味を誘ったもん勝ちだと考えて作られているようなので、文面がめちゃくちゃだろうがなんでもいいのだ。

 

引っかからないように気を引き締めつつ、またおもしろいメールが届いた時にはブログでいじっていきたい。

 

 

余談だが、この郷さんの99枚目のシングルが案外好きな私だ。

99は終わらない

99は終わらない

 

ナインティナインのラジオでいじられていたのが非常におもしろかったという記憶。笑ったなあ。