読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ループ ザ ループ。

V6デビュー20周年という節目に戻ってきたアラサーがいろいろと本気出して考えてみるブログ。基本V6の話、でも書きたいことを気ままに。

V6のニューシングルにVR映像が特典で付くというのでVRについて調べてみた


ようやくV6の新曲発売情報が出た。実に昨年6月以来9ヶ月ぶり。

初回・通常など合わせて4形態でのリリースとなるのだが、中でもやはり気になるのはセブンネット限定版。なんとVR映像が特典でつくというのである。

 

オムニ7 - セブンネットショッピング|V6/Can’t Get Enough/ハナヒラケ(セブンネット限定盤/CD+VR)(セブンネット限定特典:オリジナル大判ポストカード 絵柄A) 通販

 

VRという言葉、最近たまに耳にすることもあり「あーVRね」なんて思うこともあるのだがよくよく考えればあまり知らない。

f:id:since0629:20170203050428j:plain

なんか↑こういうヤツでしょ?というくらいしか知識がない。

ということで、改めて少し調べてみた。 

 

 

 

 

 

バーチャルリアリティとは、現物・実物(オリジナル)ではないが機能としての本質は同じであるような環境を、ユーザの五感を含む感覚を刺激することにより理工学的に作り出す技術およびその体系。略語としてVRとも。日本語では「人工現実感」あるいは「仮想現実」と訳される。

バーチャルリアリティ - Wikipedia

では果たしてV6の場合はどのような映像になるのか。

エイベックスがVR映像という形態を扱うのは今回が初めてで、その第一弾がV6と、X21という女の子アイドルユニットなのだそう。

こちらの記事ではX21のVR撮影時の写真が掲載されているのだが、なんだろうこの楽しそうな感じ。カメラを中心として、おそらくグルグル円になって回っている。

V6の場合も特典紹介に「360°パノラマVR映像」という言葉が入っているため、同様のものだと予測される。

つまり、「カメラの位置」=自分(私)が立っている場所

X21さんの件で言えば私を中心にしてグルグル回っている状態が体感できる、ということになる。なにそれ楽しそう。

 

ここで参考として映像リンクを貼る。

ご存知、昨年大ヒットしたRADIO FISHの「PERFECT HUMAN」。

この映像ではカメラの位置はステージのド正面、ステージ上でセンターに立っている人の目の前だ。

ナ・カ・タ!ナカタ!ナ・カ・タ!ナカタ!に合わせて前に出てきて、目の前でI'm a perfect humanキメるあっちゃんに思わず噴く。この部分のシュールさを見ていただきたくてこのリンクを貼ったようなものだ。

 

この映像はVRなので360°見渡せるわけなのだが、「目の前にPERFECT HUMANがいるのに他に何を見渡すんだろう?」と画面を回してみる。

ああなるほど、客席が見渡せる。センターに立つ人間が見る景色を体感できる、というわけだ。

 

V6の場合はカメラの位置はどこになるのだろう。

X21のような「メンバーたちがいるド真ん中」なのか、RADIO FISHのライブ映像のような「ド正面」なのか。

前者であればメンバーたちの真ん中に立ちほのぼのと輪になって歌っているところをグルグル見回すことができるのかもしれないし、後者であればバキバキのダンスを目の前で見ている状態を疑似体験できるのかもしれない。

どちらにしても今からワクワクが止まらない。

 

なお今回のVR映像は「360°パノラマVR映像」に加え、「視差付VR(裸眼でスマートフォンを見ると同様の映像が2分割された画面に見え、ビューアーを通して見ると奥行きと没入感に浸れるような、“そこに自分が存在する”感覚が味わえるVR)」でも楽しめる、ということである。

 

 

そしてもう一つ気になるのは、「ビューアー(試聴機)」も付属されるという点。

もう一度言うが、私の知ってるVRはこれである。

f:id:since0629:20170203050428j:plain

これが?付く?そうなると、お高いんでしょう?

いやいや、なんと今回のセブンネット限定版はお値段たったの1,800円 (税込1,944円)である。

何かの間違いでは?「付属」という部分に思わず疑いのまなざしを向ける私である。

エイベックス・ミュージック・クリエイティヴは、音楽パッケージの新たな形態として、VR映像をダウンロードしてスマートフォンとVRゴーグルで楽しめるサービス「スマプラVR」を3月15日より開始する。(中略)「スマプラVR」は、VRコンテンツをダウンロードしたスマートフォンを、付属のVRゴーグルにセットして360度のVRコンテンツを楽しめるサービス。

エイベックス、CD購入で360度VR映像が観られる「スマプラVR」。May J.やV6、X21など - AV Watch

 

調べてみるとVRゴーグルにもいろいろあるようで、Amazonで現在最安値の商品はこちら。

なるほど。

どうやら私が想像したあまりにも存在感のありすぎるあのタイプ以外でもVRは楽しめるらしい。確かにスマホをセットするだけならばあの重装備は必要ないかもしれない。

CDのお値段から考えてもとてもとても簡素なものが付いてくるのかな、と想像する。

 

今回はゴーグル付属なので我々には必要ないが、クラフト感満載の上記タイプ(セール品・289円)以外にもしっかりとしたカッコいいタイプのものも2,000円前後からあったりするので、参考までに。

 

 

 

 

今回リリースされるシングルは全4形態。

VR映像が特典でつくのが【セブンネット限定版】。

【初回A】には攻めのダンスチューン「Can't Get Enough」のMV+MVメイキング+ジャケット撮影メイキング。

【初回B】には笑顔こぼれるポップソング「ハナヒラケ」のMV+MVメイキング。

そして【通常盤】には新曲がさらに2曲、そのうち1曲はプリンスホテル「冬プリ」のCMソングとして使われている「足跡」。

 

なんだろう、この逃れられない包囲網を貼られてしまったような感覚は。

学生の私だったら泣く泣く選ばなければいけない状態に陥っていただろう。そういうことも度々あったので知っている。ああ、今大人でよかった。

 

2月2日に情報解禁、発売日は3月15日。約1ヶ月半、待ち遠しいがおそらくあっという間だ。春のV6祭りはすぐそこだ。手に入り次第感想を綴ってみようと思う。