ループ ザ ループ。

V6デビュー20周年という節目に戻ってきたアラサーがいろいろと本気出して考えてみるブログ。基本V6の話、でも書きたいことを気ままに。

坂本昌行29歳時の仕事量が半端なかった件


唐突ですが。
私は「今の自分の年齢の時、この人は何をしていたんだろう?」と照らし合わせるのが好きだ。
というか、ここまで来るともう癖だ。
14歳でファンになった時から、何かとそういう瞬間があった。

まずは定番だがデビューした時の年齢。
15歳を迎えたらまず「岡田くんのデビューした歳だ…!」と思った。
24歳になった時には「坂本くんはこの歳からリーダーやってたのか…!」と思った。
そして毎度ながら「すごいな!」という感想で終わる。

そして今、私はおそろしくも29歳になっている。

怖い。

何が怖いって、私が好きになった当時の坂本くんの歳に追いついたという事実。
あんなに大人に見えていた年代にいよいよ突入してきた。

坂本くんは特に29歳~30歳に重きを置いていたように思う。
先の記事でも述べたが、30歳を迎えた頃のコンサートからバックにジャニーズJr.を付けるのをやめた。

坂本くん以外、つまり長野くん以降はグループ内ですでに30歳を迎えたメンバーがいるのでそこまで恐れを抱いていなかったような気がするが、年齢のことに関しては坂本くんは先陣を切っていかざるを得ない。

"30歳を迎えてもなお、踊れるアイドルであり続ける"ということを考える上で、坂本くんにとっての29歳って大きかったろうな。

19歳や39歳でもなく、とても微妙な29歳。

「29歳の時、V6は何をしていたのだろうか?」
純粋に興味が沸いたのでぼんやりとではなくしっかり調べてみることにした。

せっかくなのでここでメンバー同士を比較する形でまとめてみたいと思う。

自分と比べるのもよくやるけれど、メンバーごとで比べて「へぇ~」ってなるのもかなり好きだ。
もっと言えば他グループとも比べてみたい。
29歳時以外でも比べてみたい。
でもそんなことをやりだすととんでもない作業量になってしまうので、とりあえずV6メンバーのみ、29歳時でやってみる。

29歳の坂本昌行がとんでもなく働いていた件

比べてみて改めて思ったこと。
それは、「坂本くんが29歳の頃V6の勢いがどれだけすごかったか」ということ。

すごかったとは思っていたが、数字を出してみて驚いた。

レギュラー番組 2本
ラジオ 2本
舞台 3本
コンサート 4本
ドラマ 1本(単発)

CDリリース 
シングル5枚(V6 3枚、トニセン1枚、J-FRIENDS1枚)
アルバム2枚(1枚はベストアルバム)


お分かりいただけただろうか…

坂本昌行、働きすぎ。

ちなみに24時間テレビのパーソナリティもやっている。
年に一度のジャニーズ大運動会も、J-FRIENDSでのカウントダウンコンサートもあった。

もう一度言わせてもらいたい、坂本昌行29歳働きすぎだから。
もうすごいとしか言えない。
ねぇ、この29歳すごくないですか…?とおろおろしながら周りに尋ねたくなる。

このブログ記事、書き始めた時には「29歳の時、何をしていましたか?~メンバー別まとめ~」というタイトルを想定していた。
更新する際には変更しておこうと思う。

とりあえず自分についての新たな発見があった。

超人的に働く坂本くんを見ながら「29歳」の在り方がすり込まれていったため、29歳のハードルが半端なく上がっているのだ。

そもそも比べる時点でおこがましいわ!という元も子もない考えも脳裏をよぎるがとりあえず研究を全うしてみようと思うので暖かく見守っていただければ幸い。

次の記事からはメンバー別に「29歳の頃何をしていたか」をまとめていく。


since0629.hatenablog.com

since0629.hatenablog.com